2016年
第57回学術大会

大阪歯科大学


お蔭様をもちまして盛会裡に無事滞りなく終えることができました。深く感謝申し上げます。
大会長:清水谷公成
 

【大会ホームページ】

 

2016年
第21回臨床画像大会
 
東京医科歯科大学 
 
2016年
10月28日(金)−30日(日)
 
大会長:倉林 亨



オンラインジャーナル「歯科放射線」

Official Journal of JSOMFR



メールマガジン

 


ログイン後に会員向けコンテンツ
よりご覧ください

東日本大震災とその後

歯科放射線学会の取り組みと会員からの報告を掲載
ログイン後、「ニュース」のタブまたは「ニュースレター」の項よりご覧ください
   

   

お知らせ

Oral Radiology Publisher's Report 2015


Oral RadiologyのImpact Factorが0.449と報告されました。

Oral Radiology Impact Factor 2015 の報告
Oral Radiology Publisher's Report 2015


 

歯科エックス線優良医名称変更のお知らせ

歯科エックス線優良医の名称が「歯科放射線准認定医」へと変更になりました。

歯科エックス線優良医の認定を受けておられる先生へ
従来の名称を引き続き使用していただくこともできますが、改正となった歯科放射線准認定医の名称を用いていただくことも可能です。今後の更新時には、順次歯科放射線准認定医の名称で認定証も変更させていただきますので御了承を御願いいたします。
 

「口内法撮影X線画像の画像配置」に関するDICOM 規格

このたび採択となりました口内法画像配置に関するDICOM規格(CP1444)の原本となる日本歯科放射線学会の規約(JSOMR X-0001_2015を掲載致します。
医療情報委員会 委員長 勝又明敏  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

医療情報に関する提案書

歯科放射線学会より「歯科画像情報の標準化に向けた取り組みに関するご協力のお願い」を日本歯科医学会に提出させて頂きました。
JSOMFR-Publ201211.pdf

 

 

教育研修会「第26回 実技研修会・頭頸部のMRI診断法」のご案内

終了いたしました。御参加有難うございました。

日 時:2016年5月15日(日)9:00~16:00
場 所:大阪大学歯学部記念会館(同窓会館)・歯学部附属病院
世話人:村上秀明(大阪大学歯学研究科歯科放射線学教室)
募集人数:20人(先着順)
参加費:8,000円(日本歯科放射線学会,日本口腔外科学会,日本口腔病理学会のいずれかの会員)
    20,000円(非会員)

詳 細 (PDF)
詳 細 (Word)


教育研修会「第27回 実技研修会・超音波診断法」のご案内


日 時:2016年11月27日(日)9:00~16:00
場 所:昭和大学歯科病院歯科放射線科、第1会議室(1号棟1階、2号棟1階)
世話人:荒木和之(昭和大学歯学部口腔病態診断科学講座歯科放射線医学部門)
募集人数:30人(先着順)
参加費:8,000円(日本歯科放射線学会,日本口腔外科学会,日本口腔病理学会のいずれかの会員)
    20,000円(非会員)

申し込み期限:2016年9月24日(土)

詳 細 (PDF)
詳 細 (Word)


2016年 第223回関東地方会・第36回北日本地方会・第24回合同地方会のご案内    【PDF】

 プログラム【PDF】

開催日時: 平成28年7月2日(土曜日)
会 場  : 北海道大学歯学部2階・講堂
世話人 : 箕輪和行
連絡先 : 歯科放射線学講座 山野 茂
        E-mail:  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
        電話・FAX: 011-706-4295

日本歯科放射線学会第223回関東地方会・第36回北日本地方会・第24回合同地方会の御案内 詳細 (PDF)




和文誌編集委員会からのお知らせ

 「電子メールでの投稿について」
 
 和文誌への投稿を、従来の紙媒体を用いたものから電子メールで行えるように規則を改定しました。PDF化とパスワードの設定を行っていただく必要がありますが、従来よりも簡単に投稿を行うことができます。
 
 詳しくは改定投稿規定の8.の2)をご覧ください。以下、抜粋いたします。
 
2)電子メールを用いて投稿を行う場合、以上の原稿、図表、「歯科放射線投稿表紙」をすべてパスワードをつけてPDF化し、添付書類として投稿する。なお、パスワードを明記した別メールを送信すること。なお、副については1部のみを添付すれば良い。
 
 皆様の活発な御投稿をお待ちしております。
 
                                                                      日本歯科放射線学会和文誌編集委員会
                                                                      委員長 吉浦一紀(九州大学)


生涯学習研修会(歯科放射線准認定医認定講習会)のご案内

第33回 「明日から使える パノラマエックス線写真による画像診断」
会場: 新潟大学医歯学図書館(附属図書館旭町分館)・
          マルチメディアホール
日時: 平成28年12月4日(日)
                       13:00~17:00
第34回  計画中です (今しばらくお待ちください)
   

生涯学習研修会(第3回優良医ステップアップ講習会)のご案内

認定医を目指す開業医の優良医の先生、大学に在籍され認定医受験予定の方を対象とした講習会です。
今年度の研修会は終了いたしました。次回をご利用ください。
 

 日時: 2016年3月20日(日)8:25~17:00
 会場: 日本大学歯学部2号館1階 研修医講堂
 ご案内とプログラム:  Word PDF
 

防護委員会からのお知らせ

医療被ばく研究情報ネットワーク(J-RIME)により診断参考レベルが設定されました!

                     J-RIME参加学会と協力して、放射線検査の診断参考レベルを設定しました。
        詳細については 以下を御参照下さい。
                        「最新の国内実態調査結果に基づく診断参考レベルの設定」(平 成27年6月7日)
              http://www.radher.jp/J-RIME/
              http://www.radher.jp/J-RIME/report/DRLkyotusiryou-1.pdf


「防護エプロンの指針」について new

   防護委員会より、撮影時における防護エプロンの使用に関する指針が公開されました。

生涯学習教育講座(歯科エックス線優良医)

生涯学習講座課題の画像,過去の課題の模範レポートとケースサマリーを掲載しています。

 

委員会からのお知らせ


和文誌編集委員会

「総会抄録作成時の注意について」
 
 平成27年度第56回学術大会より、以前のように学会から「増刊号」としてプログラム・講演抄録集を発行することとなりました。学会から発行することになりますので、抄録に記載する内容にはご注意をお願いします。論文投稿を予定している演題では、「二重投稿」とみなされないように、論文に使用するデータは提示しない、などの工夫をお願いいたします。
 
日本歯科放射線学会和文誌編集委員会
委員長 吉浦一紀(九州大学)

用語委員会

歯科放射線用語集「2014年改訂版」を公開しました 歯科放射線用語集のページ


教育委員会

歯科放射線学教育の指針(2013年度版)を掲載しました。

2013年度版 歯科放射線学教育の指針(日本歯科放射線学会教育委員会 編)


倫理委員会

倫理委員会からのお知らせ

 ヒトを対象とする医学研究を実施する場合には、ヘルシンキ宣言の趣旨に基づき、各種倫理指針を遵守して行うことが求められています。そのため研究開始前に所属機関の倫理委員会に倫理審査の申請を行い、実施についての承認を得る必要があります。承認の無い場合、その研究成果を本学会の学術集会や学会誌で発表することは原則として認められません。
 本学会の倫理委員会は、大学等の研究機関に所属していない会員からの倫理審査の申請を受け付けています。該当する会員で、今後歯科放射線学に関する臨床研究や疫学研究の実施を予定されている方は、研究開始前に本委員会にお問い合わせ下さい。


日本歯科放射線学会倫理委員会
委員長 代居 敬(日本歯科大学) 



 

その他のお知らせ


  • Cancer誌に掲載された髄膜腫の発生と歯科のX線検査に関する論文 についての学会としての意見書

    Cancer誌に掲載された髄膜腫の発生と歯科のX線検査に関する論文について、学会としての意見書を掲載しました。

(意見書 Wordファイル)